AIFT資格関連情報

AI×IoTに特化した日本初の資格、認定AI・IoT基礎検定(AIFT)のAIFT資格ご紹介チラシ、AIFT資格取得フロー、AIFT&AIC各レベル、AIFT資格取得学習方法、お申込みサイトは以下となります。

AIFT資格ご紹介チラシ

認定AI・IoT基礎検定(略称:AIFT)は内閣府が推進するSociety5.0や経済産業省のConnected Industriesを実践するための日本初のAI×IoTに特化した基礎検定資格です。

認定者には特典として認定証書、認定ロゴをご提供致します。また希望者にはお名前をAIPAのホームページに掲載致します。

是非、この機会に試験にお申込みいただきAIFT取得に是非チャレンジください。

※チラシをクリックしますとAIFT試験お申込みサイトに遷移します。

AIFT&AIC各レベル

認定AI・IoT基礎検定(AIFT)は筆記テストの「となります。自宅や職場でオンライン(ZOOM)を使い試験を実施いたします。AI×IoTの日本初のコンサルタント資格であるAI・IoTコンサルタント(AIC)研修試験に参加前に合格していただく事をお薦めしております。

※2021年度中はAIC資格取得前に必ずAIFTを取得する必要はございません。AIJCから申し込みも可能です。

※図をクリックしますと拡大致します。

AIFT資格取得フロー

認定AI・IoT基礎検定(AIFT)を目指す方は以下の取得フローとなります。研修試験申し込みページのPeatixのバナー画像をクリックしAIC試験・研修特設サイトから直接、お申込みが可能です。(カード、コンビニ/ATM、PayPal/銀行振り込みが可能です。)

※図をクリックしますと拡大致します。

資格条件・KGI・合格率・有効期限・受験費用

認定AI・IoT基礎検定(AIFT)の資格取得条件、取得後の姿は以下のとおりです。受験費用は5,000円(税込み)となります。2021年4月から検定試験を開始いたしますので当初は合格率を70%~80%前後で想定しております。

AIFTは資格更新はありませんが資格有効期限は2年間です。その間に上位の認定AI・IoTジュニアコンサルタント(AIJC)の受験をお薦しております。


※図をクリックしますと拡大致します。

AIFT資格取得学習方法

認定AI・IoT基礎検定(AIFT)資格取得に関する学習方法は以下となります。

  1. 検定試験は100問→※初年度2021年度は60問となります。試験は4択問題形式です。試験時間は60分となります。その時間内に終了できない場合は試験締め切りを行います。時間内に必ず終了ください。検定範囲は以下の収集する(IoT領域)、貯める(BIGDATA領域)、分析する(AI領域)、守る(SECURITY領域)の4つの領域についての基礎的な知識を問う問題です。
  2. 検定試験学習方法については本『認定AI・IoT基礎検定公式サンプル試験問題&解説集Ver1.0(電子書籍)希望販売価格1,200円』で販売しております。こちらの試験問題&解説集で事前学習としていただけれますと尚、合格率は更に向上します。
  3. 電子書籍販売に関してましては申し込みをいただいた受講者様メールにて試験のご案内を申し上げます。
  4. それ以外でも他の書籍やネットでの情報収集にてIoT・BIGDATA・AI・SECURITYの基礎を習得していただくと合格率は向上します。

認定AI・IoT基礎検定(AIFT)公式サンプル試験問題&解説集の購入は本ホームページのAIFT公式テキスト販売サイトから購入できます。

 

AIFT公式テキスト販売サイトはこちらです。

AIFT資格試験お申し込みサイト

※2021年度の認定AI・IoT基礎検定(AIFT)資格試験は以下の申し込みサイトよりお申込みください。