日本初のAI・IoT基礎検定のグローバル展開に関する取り組みについて

 一般社団法人AI・IoT普及推進協会(東京都千代田区、会長:播磨崇、代表理事:阿部満)は、一般財団法人海外産業人材育成協会(東京都足立区、理事長:桒山信也)との連携事業としてアジアを中心とした国々に対して、当協会が認定するAI・IoT基礎検定のグローバル版(AI/IoT Fundamental Test Global:AIFTG)の試験の募集を開始しました。

 

 日本に限らず、世界的に見ても、中小企業ではAI・IoTに関して「自社のニーズに対応したソリューションや製品・サービス」「ビジネスモデルの構築」などの事業改革に関する課題、また「組織としてのビジョンや戦略の立案」「組織風土」といった組織改革に関する課題など、AI・IoT共に「AIとIoT導入を先導する組織・人材不足」という課題があります。

 

 これら、中小企業のAI・IoTの利活用に係る経営課題に対してITベンダーの皆様と中小企業の皆様の架け橋役となりAI・IoTの普及推進対応を行うことを目的とするAI・IoT普及推進協会と、人材育成を通じ、「共に生き、共に成長する」世界の実現を図る海外産業人材育成協会が連携し、アジアを中心としたグローバル資格としてAI・IoT基礎検定試験のグローバル版の認定を開始いたします。 

 

 日本が先駆けとなりアジアを中心としたグローバルでのAI・IoTの知識を認定することは日本初の試みであり、日本とアジアの架け橋役として一般社団法人AI・IoT普及推進協会×一般財団法人海外産業人材育成協会のコラボレーションにて日本とアジアの架け橋役の人材育成の展開をしてまいります。