AIツールご紹介

当協会では、以下のとおり、中小企業の皆様へ参考となるAIツールをご紹介しております。AI導入に関する初回のお問い合わせは無料となりますのお気軽にご相談ください。

※以下に掲載されているツールは参考ツールです。

Watson

■ツール概要:IBM Watson(ワトソン)は、お客様のビジネスに活用いただくためのAIである。日々の業務から生まれるデータをナレッジに変え、業務プロセスに組み込んで活用することで、プロセスの効率化や高付加価値化を実現。たとえば、人間には読みきれないような大量のデータの中からすばやく知見や洞察を見出したり、顧客に対してさまざまな場面で一貫した質の高い応対をすることを可能である。また、情報と知見に基づく意思決定を支援したり、ビジネスのさまざまな業務や場面であなたをサポートする。

■提供ITベンダー様:日本アイ・ビー・エム株式会社

■URL:https://www.ibm.com/watson/jp-ja

※引用元:各社ホームページ

Zinrai

■ツール概要: 「Zinrai」は、人を支え、便利で快適な新しい時代の創造を目指しています。「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」の語源は、"素早く、激しいこと"を意味する「疾風迅雷(しっぷう"じんらい")」。 人の判断や行動をスピーディーにサポートし、企業や社会をダイナミックに変革させたいという想いが込められている。

■提供ITベンダー様:富士通株式会社

■URL:http://www.fujitsu.com/jp/solutions/business-technology/ai/ai-zinrai/index.html

※引用元:各社ホームページ

BakeryScan

■ツール概要:BakeryScan(ベーカリースキャン)はトレイ上の複数のパンの値段と種類をカメラで一括識別するシステムである。画像識別技術をレジ精算に応用する世界初の試みで、ベーカリーショップのレジ業務に革新をもたす。

■提供ITベンダー様:株式会社ブレイン

■URL:http://bakeryscan.com/index.html

※引用元:各社ホームページ

Quick AI

■ツール概要:『Quick AI』とは、Excelから簡単に利用できるAI予測・判定ツールである。

実績データをAIに学習させることで、担当者が経験にもとづいて分類・推定している様々な業務を自動化したり支援することができる。

使い方はとても簡単。まず実績データをクラウドサーバーに送信して予測モデルを生成する。そして普段お使いのExcelファイルにワークシート関数を埋め込むだけで予測・判定を実行できる。テキストにも対応しているので、コメントや備考などを実績データに含めることができる。

■提供ITベンダー様:株式会社コデックス

■URL:https://www.quick-ai.com/

※引用元:各社ホームページ

MANUFACIA

■ツール概要:MANUFACIA専門知識不要:AIの専門知識は必要なし。画面の操作に従うだけで誰でも簡単にAI生成が可能。生産現場でAI生成から精度向上まで完結可能。AIがすぐに使えるゼロからのスクラッチ開発だと数か月かかる開発期間もMANUFACIAを使えば数分~数時間まで短縮ができる*。*サーバの性能やデータサイズに依存します。

幅広い実装環境:MANUFACIAで生成したAI学習済モジュールは、産業PC, IoTゲートウェイ*など多様な組み込み機器への運用が可能。*Intel CPU/ARM CPU/FPGA搭載,Windows10, Linux, uITRON OS搭載最適なモデルを選択:MANUFACIAは生成モデル数を指定できる上、精度・データサイズ・実装先のOSなどユーザーの環境に適したモデルを選択可能。可視化機能AIがどこを見て判断したか知りたいというお客様の声に応えsmooth grad機能を搭載。判断への寄与度を可視化ができる。

■提供ITベンダー様:株式会社クロスコンパス

■URL:https://www.cross-compass.com/manufacia/

※引用元:各社ホームページ

ABEJA Insight for Retail

■ツール概要:人工知能を活用した店舗解析サービス。ABEJA Insight for Retail(アベジャインサイトフォーリテール)は、最新のテクノロジーを用いて勘と経験から脱却し、小売経営を科学するためのソリューションである。

■提供ITベンダー様:株式会社ABEJA

■URL:https://abejainc.com/insight/retail/ja/

※引用元:各社ホームページ

SyncLect

■ツール概要:次世代テクノロジーとして期待されているAI,IoT,ロボティクス。そのプロジェクトを効果的に始める為にはデータの利活用が必須となる。 SYNCLECT(シンクレクト)はデータをAIにもIoTにもロボットにも、WEBでもアプリでもチャットボットにも適用できるデータ統合管理と高速開発のプラットフォームである。

■提供ITベンダー様:株式会社ヘッドウォータース

■URL:https://www.headwaters.co.jp/service/ai/platform.html

※引用元:各社ホームページ

SynApps

■ツール概要:SynApps(シナナップス)はロボットを賢くさせる為のクラウドロボティクスプラットフォームである。

AIやIoTテクノロジーを使って、 ロボットに様々な賢さを与え、ロボットの業務活用とマルチデバイス化を推進。また、最新テクノロジーをCMS化する事で誰でも扱いやすくしている。

■提供ITベンダー様:株式会社ヘッドウォータース

■URL:https://www.headwaters.co.jp/service/pepper/synapps.html

※引用元:各社ホームページ

ナレコムAI

■ツール概要:「ナレコムAI」は、AI(人工知能)・機械学習といった高度な技術を簡単に利用することが出来るクラウド型サービス。高いスキルを持った専門家なしには利用することが難しかった技術を、専門家不要で利用でき、データ分析の敷居を下げるためデータサイエンティストが担う 「機械学習のモデル構築・テスト・活用」をカバーするソリューションである。

■提供ITベンダー様:株式会社ナレッジコミュニケーション

■URL:https://narekomu-ai.com/

※引用元:各社ホームページ

HORUS AI

■ツール概要: 視検査の結果をAIが自ら学習することにより、技能の継承や検査コストの削減を実現することができる、アドダイスが誇る最先端のAIである。

これまでは、AIがベテラン検査員の「長年のカンと経験」を学習することが難しく、目視検査に導入するにはハードルが高いと考えられてきたがHORUS AIは深層学習技術を利用しているため、プログラムレスでAIが自ら学習を行い目視検査の精度をより高めることが可能。

■提供ITベンダー様:株式会社アドダイス

■URL:https://horus-ai.com/product

※引用元:各社ホームページ

写真de在庫管理

■ツール概要: 写真de在庫管理は、バーコードやQRコードを使わず、AIを使った、もっともシンプルな在庫管理システ ムである。高額なハンディーターミナル不要!クラウドですぐ始められる!ツールである。

■提供ITベンダー様:株式会社サンクレエ

■URL:https://shasinde.com

※引用元:各社ホームページ

XENO BRAIN

■ツール概要:世界中のニュースや企業の決算情報からAIが経済事象の因果関係を解析し、企業業績・素材価格・業界需要の将来動向を予測。ニュースの発生と同時に、そのニュースが各業界へどのような影響を与えるのか、さらに企業の業績や素材の価格への影響を分析。時事通信、TheWall Street Journalなどの一般紙、業界専門誌や地方新聞など、100以上のメディアの分析結果を閲覧可能。201911月に帝国データバンクと業務提携を行い、40万社以上の未上場企業の信用調査報告書の解析を開始、国内初となる未上場企業の将来予測機能を今春追加予定。SaaSサービスとして提供しており、インターネット環境があればすぐに利用可能。

■提供ITベンダー様:株式会社xenodata lab.

■URL:https://xenobrain.xenodata-lab.com

※引用元:情報提供企業