AIC育成フランチャイズ制度(AICTI)

AIC育成フランチャイズ制度は2021年1月度から開始する認定AIC育成インストラクター(AICTI)が認定AI・IoTコンサルタント研修試験を独自で開催できる制度となります。AICTIの取得方法は認定AI・IoTマスターコンサルタント(AIMC)の研修に合格し且つ、今回の認定AIC育成インストラクター研修を受講した方となります。

AICフランチャイズ制度の内容

全国におけるAIC育成フランチャイズ制度はAIC育成インストラクター研修を受講頂き、AIPA(本部)をフランチャイザーとし、フランチャイジーとして全国のAIC育成インストラクターの事業者(会社可能)を認定することで年に何回でもAIC研修試験開催することができます。

フランチャイザーはフランチャイジーへロイヤリティー(詳細は別途ご案内)を差し引いた研修講師お謝金をお支払いいたします。

フランチャイザーはフランチャイジーに対して年間研修試験開催予定を事前に報告し、自律的に集客を行い会場をセットして開催することとなります。研修試験開催予定が無い、認定AIC育成インストラクター(AICTI)は即時失効致します。

※図をクリックしますと拡大致します。

AIPA全国支部とAIC育成フランチャイズ制度の違い

AIPA全国支部は各地域でのAI・IoTに関する中小企業の皆様へのご支援体制の地方拠点となります。AIC育成フランチャイズ制度は全国で認定AI・IoTコンサルタント研修試験を開催できる制度となります。

従って、各支部とAIC育成フランチャイズ制度が同一の場合もありますが全てではございません。

※図をクリックしますと拡大致します。